aboutcashing

なぜキャッシングが人気なのか、そのシステムと便利さについて

キャッシングとは?

今は盛んにキャッシングが利用されていますが、簡単にいうとお金を借りる便利なシステムのことです。

かつてお金を借りる時には銀行などの金融機関に担保を差し出して、その代わりにお金を融資してもらうという方法が一般的だったのです。
今でもこの方式は住宅ローンなどを契約する時に行われています。
住宅を建てるお金を何千万か貸す代わりに、銀行は建った家を担保として預かるわけです。
なぜそんなことをするかというと、もし貸したお金が返してもらえない時には担保として預かっていた家を売却することで、借金の一部を改修できるからです。
もっと生活に密着した部分で説明すると、質屋がそれです。
質屋というのは品物を預ける代わりに、その品物と同じぐらいの価値のお金を貸してくれるのです。
お金を返せない時は、その品物は質屋のものになってしまうわけです。
このようにお金の貸し借りには必ず担保というものが付きものだったのです。

キャッシングは担保がいらない?

ところがキャッシングとは、その担保なしでお金を貸してくれるシステムなのです。
そのため多くの人の人気を集め、利用者が増えているのです。
ただし担保の代わりになることをお金を貸す金融会社はシステムに組み込んでいるのです。
それが審査です。
お金を貸して欲しいと申し込んだ人に返済能力があるかどうかを審査するのです。
その審査に通った人が担保なしでお金を借りることができるのです。
つまり審査が担保の役目を果たすわけで、何を元に審査するかというと、それは収入証明書と本人確認の証明書です。

審査に必要な収入証明書と本人確認証明書

収入証明書というのは給与明細書のことです。
給与明細書にはどこの会社で働いていて、毎月どのくらいの給料をもらっているかがわかるようになっています。
それを見て金融会社は審査をするのです。
毎月収入があれば返済能力があるということで、審査が通るのです。

また本人確認の証明書というのは運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)が必要となります。
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要。さらに個人事業主の方は、確定申告書・事業計画書等が必要となります。
これを見ればどこに住んでいるのかがわかるので、金融会社の方も安心できるわけです。
基本的にはキャッシングとはこのようなシステムになっています。

非常に便利なキャシング

なぜ人気があるかというと、お金の借り方が非常に便利になっているからです。
審査に通ったら、少し前まではカードを発行されて、そのカードでお金の借り入れをしていたのです。
しかしインターネットが普及した現代では、カードなしでもお金を借りることができるようになっています。
例えばパソコンやスマホで金融会社に借り入れの申し込みをします。
すると金融会社の方では申込者の銀行口座に借入金を振り込んでくれます。
振り込まれたお金は近所のコンビニのATMを利用して引き出すことができるわけです。
このように便利になっているため、ちょっとしたお金が必要な人はキャッシングでお金を借りるわけです。