消費者金融が電話する在籍確認って何?仕組みと内容を紹介

在籍確認の仕組みと内容を紹介

消費者金融は職場に電話してきます。その電話するタイミングは、「審査時の職場在籍確認したい時」と「支払い延滞中に連絡がとれないとき」の大きくこの2点が発生する時です。
キャッシングを複数社も利用している方は馴染みのことかもしれませんが、初めてキャッシングする人は、何のために電話してきて何を話すのか気になる人も多いと思いますので、消費者金融が職場になぜ電話をするかを解説します。

審査の時に電話する理由

まず、電話するタイミングですが、基本的には審査(金融事故確認・貸し出す金額など)がほぼほぼ通過し終わっていて、後は本当にこの職場で働いているかのウラを取る最終確認したい時に電話します。
金融審査前に電話して、電話までしたのに審査が通りませんでしたでは、お客様に失礼になってしまうからです。

どこから誰が電話するのか

基本的には女性の方が電話します。
電話番号は職場に着信履歴として残ってしまうので、店舗やコールセンターの電話番号は使用しません。
架ける端末は、最近は発信専用や普段は電源を切っている携帯電話が多くなっています。
中には、「050」のIPフォンから電話するところもあるかと思います。
因みに使用した電話番号はネットで検索してもでないようにしっかりと対応しているところが多く、定期的に番号を捨てたりしてどこの消費者金融か特定させないように努力されています。

電話で何を聞くのか

まず、消費者金融に借り入れすることは個人情報となり、電話する際に会社を名乗るとプライバシーや守秘義務に関わることなので絶対名乗りません。
「高橋ですけど○○さんはいらっしゃいますか?」と言うように個人名で電話して本人が本当に在籍しているかだけを確認します。
ただし、銀行の場合は要望が無い限り銀行名を名乗ります。
そして、電話があった際は本人はいる必要はありません。
休職や退職、そもそも在籍していないということが判ればいいので、「外出しています」や「本日は休みです」「離籍中です」という受付の回答内容から在籍しているかを判断します。

どうしても電話できない場合の対処法

会社や職種によっては、本人宛に電話が架かってくること自体がありえないこともあります。
営業マンであれば当然のごとく、いろんなところから電話が架かってくるので、「高橋ですけど〜」と言う電話があっても怪しまれないかと思いますが、事務員だったりバックオフィスなど入電がない人に電話があれば、会社の人に怪しまれてしまうでしょう。
工場の作業員もまず、作業員宛に電話がくることは無いと重い増す。

感がするどい人や借り入れ経験がある人には気付かれてしまうかもしれません。
そんな人のためには、在籍者しか保有することができない社員証、直近の給料明細書、人事に関する事例などを複数提出すれば、在籍しているとみなしてくれる消費者金融もあります。

会社によっては、要件を必ず聞くことを徹底している場合があります。
この場合も消費者金融はプライバシー保護のために絶対に消費者金融であることを明かしませんのでご安心ください。