0407

こんな時はキャッシングは避けましょう!

どうしても現金(即金)が必要な時ってありますよね。何か購入しようとした時にお店によっては、カード支払いが出来ず現金のみのところもまれにあります。
特に金額が高いものですと、貯蓄がなければお金を用意するのも大変です。
そんな時に大活躍してくれるのがキャッシングですが、タイミングによってはキャッシングすることによって、後々デメリットとなる場合があります。そのため、
キャッシングするのを避けたほうがよいケースをご紹介します。

住宅ローンの審査中

住宅ローンを組む場合、数千万単位のローンを組みます。
審査時は必ず個人の金融情報を見られます。過去に支払い遅延があったり、信用情報機関のクレジットヒストリーにマイナス情報が残っているとまずローンは組めません。
その他に一定の借り入れ(ローン・キャッシング)があると、支払い遅延したことがなくても住宅ローンが組めないこともありますので注意しましょう。
また、与信(審査だけ)が通り本契約後の本審査中もうっかりキャッシングをしてしまうと、与信は通っていても本審査で落ちるケースもありますので要注意しておきましょう。この時期は、クレジットカードを作ることも避けましょう。

よくあるケースとしては、与信が通ると銀行にもよりますが本審査もほぼ通るといわれています。そのため、住宅ローンの与信が通ったから新しい家具や家電も購入するために、キャッシングをしたり、新しくクレジットカードを作ってしまうことがあります。
しっかりした不動産屋さんの営業マンであれば、この時期はキャッシングやクレジットカードを作るのを我慢するようにと教えてくれますが、営業マンによっては教えるのを忘れてしまう人もいます。

自動車ローンの購入

住宅ローンの審査と同様です。
審査中や審査前にキャッシングしてしまうと、借り入れがあると判断されて、購入額分の自動車ローンが組めない事態に陥ることがあります。
要するに車の購入額全てをローンにすると、収入状況から完済が困難になるだろうと判断されるのです。
そうなってしまうと、頭金を増やしたり目当ての車ではないものを購入しなくてはいけなくなります。

給料日前

実は、キャッシングするタイミングで多いのが給料日前です。遊び過ぎて使いこんでしまうケースが多いようです。
給料日前ですと、すぐ給料が入るからと油断してしまい、余分に借りてしまっり目的以上のキャッシングをしてしまうのです。
そのため、非常に難しいとは思いますが油断する給料日前はなるべくキャッシングしないようにしましょう。

ご利用は計画的に

人生の節目では、高額の融資が必要な時期がきますので、目先の即金に左右されないように気をつけてキャッシングしましょう。
消費者金融からの借り入れもクレジットカードのキャッシング枠の利用も同様です。

もちろん、しっかりとキャッシングしたお金を完済すると、金融機関からの信用は上がります。
計画的に利用するように心がけましょう。