0502

消費者金融の選定方法

特にはじめて消費者金融でキャッシングされる方は、どのような基準で選んでいますか!?
人によって借りやすい基準が異なるため、皆さんが選んでいる借りやすいと思われる要因について解説していきます。

はじめて借り入れする方

大手有名企業であること

キャッシングする際に自分の個人情報を開示するため、聞いたことがない消費者金融だと不安に思う人も多いと思います。ただでさえ「金融」というと、怖い・悪いイメージを抱く人もいるでしょう。
そのため、クリーンなイメージの消費者金融から借り入れしたいと誰もが考えます。また、誰もが知っている消費者金融が安心できると思うはずです。
その場合、テレビCMや看板、ATMなど街や生活する中でよく目にする企業が該当するのですが、有名なところでは、「アイフル」「アコム」「モビット」などをあります。

ATMの普及率

毎月の返済や困ったときに再度キャッシングすることを考えると、提携しているATMが多いことは重要なポイントになります。
また、店舗数やATMが多くても自宅や通勤・通学途中にATMが無い場合も返済の時に困りますので、必ずATMの場所は確認しておきましょう。
ATMによっては、駐車場の有無やATMの稼動時間も異なります。その他、条件は良いが立地の交通量が多くて、ATMに入る姿が丸見えでプライバシーが確保されていないこともあります。
これらを踏まえて、毎月返済するATMの環境は事前に確認しておきましょう。

審査の通過率が高い

新規の契約者数が多くても審査の通過率が低い場合、その消費者金融は審査が厳しいことを意味しています。大手企業はこの新規契約者数と審査通過率を公開しているので、把握することはできます。しかし、小さなマイナーの街金は公開していないことが多いです。中には違法な消費者金融で嘘の情報を言われたりします。
一番怖いのは、審査が通りやすい・通過率が非常に高いが金利も高い消費者金融があります。そのため、聞いたことがない消費者金融の場合は、必ず大手消費者金融と金利を比較してみましょう。

必要な提出書類

基本的には契約に必要な書類はどこも一緒で、ケースにもよりますが身分証が最低限必要です。また、現住所が異なったり、外国国籍ですと、必要な書類が増えますので、キャッシングする消費者金融のサイトや窓口で確認しましょう。

他社で借り入れ済みの方

既に1つ以上の消費者金融でキャッシングしている人ですと、はじめてキャッシングする人とは、選定条件が異なってくるでしょう。

おまとめローンができる

安い金利や30日間金利0円などを理由に複数の消費者金融から借り入れしている方も中にはいるかと思います。
やっぱり数が増えてしまうと、返済の管理が大変になりますので、1つにまとめると楽かと思います。
しかし、1つにまとめることで金利が高くなったり、返済期間が長くなったりと心配するかと思います。また、そもそもまとめることができるお得なプランをその消費者金融が持っているかも重要です。

承認率が高い

特にアコムは承認率が高くて有名ですね!
理解しておくべきこととして、承認率がいくら高くても、年収の3分の1以上は法律で借り入れすることはできないです。年収300万円であれば100万円までです。
借り入れ額だけでなく、年収がいくらであるかも事前に計算しておきましょう。

借り入れ可能額が高い

お金の使い道は人それぞれですが、頻繁に借り入れしたい人にとっては、借り入れ額が高い方が良いという人もいます。
しかし、既に借り入れが他社であったり収入が引くい場合は、最初から最高額の借り入れをすることはできません。
また、最高額の借り入れをしてしまうと金利が高くなり、返済期間が長くなってしまい、返済してもなかなか元金が減らないことになってしまいますので、よく理解しておきましょう。

以上のように、人によって借りやすい消費者金融の条件は異なりますので、窓口の担当者にたくさん質問してみて、担当者の態度や親切度も消費者金融の選定基準に入れてみてはいかがでしょうか。