0514

信用情報機関って何?

はじめてキャッシングするときに必ず審査を行います。
消費者金融は、自社での借り入れをしたことがあるか、その際の支払い状況はどうだったかは自社データとして管理しているのですぐ照合することはできます。
しかし、他社で借り入れしたことがあるか、金融事故を起こしたことはないか、借り入れは初めてであるかは自社データだけでは知ることができません。

そのためにあるのが、各個人の信用情報を管理している信用情報機関なのです。

日本に存在する信用情報機関

現在、日本には3つの信用情報機関があります。日本国内にある消費者金融限らず、金融機関は3つのうち、いずれかの信用情報機関に必ず加盟して金融情報を取得しています。
信用情報機関によって、保有している情報に若干の差異があるため、金融機関によっては2つ以上の信用情報機関に加盟しているところもあります。

よくブラックリストに載っているなどという表現をすることがあると思いますが、それは下記3つの信用情報機関のデータに金融事故情報が掲載されていることを指します。
その他、債務整理や自己破産をすると、どの金融機関でいつから債務整理が行使されたかも記載されます。

JICC

JICCとは、日本信用情報機構の略です。
JICCは加盟会員の約65%が消費者金融で、消費者金融の約80%はJICCに加盟しており、国内最大の信用情報機関です。
更新性も高く、加盟会員が情報更新すると、ほぼリアルタイムで反映される仕組みのため、同時に複数の消費者金融から借り入れすると記録されるので、バレてしまいます。

CIC

シーアイシーはCREDIT INFORMATION CENTERの略で、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関といいます。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターは、一般社団法人全国銀行協会(JBA)が運営する信用情報機関で、その名の通り銀行が加盟しているケースが非常に高いです。

本人開示

各金融機関は加盟している信用情報機関に借り入れを希望する顧客の情報を照合しているのですが、金融機関ではなくとも各個人が自分で何が書かれているか情報を開示してもらうことができます。

機関によって、開示手順や開示方法は異なりますが、手数料として1回1,000円かかります。支払い方法は、クレジットカードだったり制限があるので各社に確認しておきましょう。
開示方法は、郵送・窓口のどちらがよいか選択できます。
近くに窓口がない方は、スマホで申し込みで後日郵送で書類を送付してもらうことができます。ただし、郵送の場合は1週間から10日ほど時間がかかるので、早急に確認したい方は直接窓口に確認しに行くことをおすすめいたします。