ヤミ金にだまされるな!

ヤミ金にだまされるな!

漫画の闇金融ウシジマくんを見たことがある人はイメージしやすいと思います。ただ、同じような言葉で「消費者金融」だったり「サラ金」などがあります。何が違法なのか、全て違法業者と思っていませんか!?
そんな人のためにヤミ金との違いについて解説します。

言葉の意味

消費者金融とは

消費者金融は、一般的に法人や事業主にではなく、使用目的関係なく個人に対して無担保で融資を行っている業者のことを指します。
住宅ローンや車のローンは該当しません。
しっかりとした銀行系列の子会社もあれば、違法に高額の利息を請求などいわゆるヤミ金などをひっくるめて、このように総称として「消費者金融」と呼びます。

サラ金とは

サラ金は、「サラリーマン金融」の略語になります。
サラリーマン専門の金融とかではなく、消費者金融が普及し始めた1970年代にサラリーマンをターゲットにした消費者金融が多かったため、消費者金融=サラリーマン金融、略して「サラ金」と呼ばれていました。
最近では、一定の収入があれば、学生から主婦・老人まで年齢枠内であれば、サラリーマン関係なくキャッシングできるため、「サラ金」と呼ぶ人はかなり年配の層に限られています。
逆に10〜20代に意味を尋ねると「ヤミ金のことですよね」と間違って認識している人もいます。
ただし、消費者金融同様にサラ金の中には、合法的な金融業者いれば違法なヤミ金も潜んでいるので、最低限の知識は身につけておきましょう。

ヤミ金(闇金)

その名通り闇の金融業者です。一言で表すと違法な行為を行う消費者金融を指します。
具体的には闇金ウシジマくんを全巻読破していただくと説明が不要になるのですが、どんな違法行為をしているかまとめると下記が挙げられます。
・100万円未満の借り入れに対して18%を超える利息を取る
・国に金融業者の登録をしていない
・年収の1/3以上の借り入れができる
・夜間の取立てを行う
・過度な取立てを行う
・暴力
・軟禁・監禁
・住居侵入して取立てを行う
・取立て時に器物破損させる
・名義貸しを迫ってくる
・大手銀行系の子会社であると嘘をつく
・クレジットカードの枠を使ったカード現金化を進める

ヤミ金の見分け方

消費者金融自体は悪くありません。どの業界・業種もそうですが、違法行為を行う人達が悪いのです。
しっかりとした知識を身につけましょう。
・100万円未満の借り入れに利息が18%を超えていないか
・年収の1/3以上の借り入れをさせないか
・固定電話を保有しているか
※ヤミ金は携帯電話のみが多い
・系列の他の消費者金融を紹介してこないか
・私服で仕事をしている

もし借りてしまった場合は、都道府県ごとに設置されている消費者金融センターかヤミ金ホットラインに電話して相談するようにしましょう。