20160522-01

消費者金融の探し方

大手銀行系から老舗消費者金融、街金などたくさんの消費者金融がありますが、みなさんはどのような理由で消費者金融を選択されますか!?

「CMをたまたま見たから」
「近くにキャッシングATMがあったから」
「雑誌で広告をみたから」
「利息がやすかったから」
「なんとなく」

または諸費者金融のどんなことを知りたいですか!?

色々な理由があるかと思いますが、選択に至るまでに多くの人は自分たちで気になることを調べると思います。
今回は、初めて消費者金融でキャッシングをする人は、インターネットでどのようなキーワードで「消費者金融」「キャッシング」について情報を調べているかランキング形式で紹介していきます。

キーワードの調べ方

1.Googleが無償で提供するGoogleキーワードプランナーでキーワードを調査
2.Googleが「消費者金融」に関連性が高いと判断しているキーワードを紹介
3.キャッシング未経験者が検索時に使いそうなキーワードのみを紹介
4.月間の平均検索回数が多いキーワードを紹介
5.同義語と思われるキーワードは除外
※「消費者金融 おすすめ」と「おすすめの消費者金融」
6.「消費者金融」または「キャッシング」を含むキーワードのみを紹介
※カードローンなどは除外

みんなが調べる検索ランキングベスト10

10位「キャッシング返済方法

どういう理由で検索したかまでは分かりませんが、以外にも返済方法を気にする人が多いようです。
支払い方法や期限は各消費者金融に異なるので、各自問い合わせはいつでもできるようにしておきましょう。

9位「消費者金融 口コミ」

消費者金融限らず、飲食店や美容院、病院なども必ずと言っていいほど、口コミは知りたいものです。各企業側が自ら発信している情報よりも利用している人、利用したことがある人のリアルな意見は誰もが気になるところです。

8位「消費者金融 金利」

やはりお金のことなのでいくら借りたり、いくら返済しなければいけないかは誰もが気にすると思います。広告なんかにも金利は●●%〜●●%ってどこも書いていますが、実際に借りたい金額だと金利がいくらかはわかりません。
各消費者金融のサイトでは、シミュレーションが出来たりするので、活用してみてください。

7位「消費者金融ランキング」

口コミなどピンポイントで意中の消費者金融の情報を知りたいですが、各消費者金融をランキング形式でみれば、知識がない場合は判断しやすいですよね。ただし、ランキングは何のランキングかが非常に重要です。見方やポイントの付け方によっては、まったく異なるランキングになります。「ランキング」という言葉に惑われず、どんな理由でランキングを付けているか必ず把握するようにしましょう。

6位「中小消費者金融」

これはもしかしたら、初めてキャッシングする人は少ないかもしれません。
大手消費者金融(アコムやアイフルなど)ではなく、一部の地域にしかなかったり数店舗しか支店がない比較的規模の小さい消費者金融を「中小消費者金融」といいます。
ニーズがある理由としては、「中小消費者金融」は以外に独自の審査ルールを持っていたりします。大手消費者金融としのぎを削りあっています。大手では審査落ちしても中小だと審査が通ることがあったりします。
※ただし、その逆もあります

なので、審査が落ちるのが怖い・自信がない人は意外に中小消費者金融で審査を通すのもありかもしれませんね。
絶対に注意しなければいけないのは、この中小規模の消費者金融には闇金も混じっていることもありますので、最低限の正しい知識は身につけておきましょう。

5位「消費者金融とは」

「キャッシング」だったり、「街金」だったり、「サラ金」だったりと似たような言葉はいくつもあります。そもそも、なぜ「消費者」という言葉が入るかも不思議ですが、定義を調べる方は結構多いのですね。

4位「即日キャッシング」

計画的にお金が必要になるよりは、急にお金が必要になることが多いはずです。まさにその言葉通りで今日明日にでもキャッシングしたい方は数多くいることが分かります。

3位「キャッシング 審査」

初めてキャッシングする人は、どんな審査をされるか不安になるかと思います。「審査される」と思うと、職務質問のようにオペレーターから細かくいろいろ質問されそうな気がしてしまうかもしれません。嘘だけつかなければ問題ないので安心して大丈夫です!

2位「キャッシング 審査 甘い」

必ずキャッシングしたいはずですので、どうせなら金利だけでなくなるべく審査が甘い方がいいと思うのは誰も一緒だと思います。消費者金融側の理由だけなく、時期も影響して審査が甘いことがありますので、タイミングも非常に重要です。

1位「消費者金融一覧」

以外に1位がこのキーワードでした。消費者金融って、3文字〜4文字のカタカナのところが多い気がしますが、どれだけの数の消費者金融があるかは気になるところです。審査が通らないことや金利など消費者金融によって基準は違うことはいろいろあるので、消費者金融の一覧をみて、各ホームページをみてチェックしていくのがもしかしたら一番理解しやすいのかもしれませんね。

まとめ

以上が検索キーワードランキングでした!
その他には検索時に使用されたキーワードはたくさんありました。
なかなか自分の望む情報が探せないという方は、検索するキーワードを変えてみると、案外、目的のサイト/ページが見つかることもあるので、実施してみてください!