学生でもキャッシングできるか知っておこう!

学生でもキャッシングできるの??

街中を歩いていると、「学生ローン」という看板を見かけたことはありませんか?
ちゃんとした消費者金融もあれば、学生証だけあれば貸してくれる怪しい闇金も潜んでいるので、学生は本当に注意が必要です。

学生でも借りられる条件

年齢が満たしている

消費者金融によって、借り入れできる年齢は異なります。アコムであれば、20歳以上69歳以下と定められています。
そのため、中学生・高校生・大学1年のうちは借り入れすることができないということです。
中にはイレギュラーで留年したり、夜間の定時制に働きながら高校にも通っているため、年齢が20歳以上である場合はキャッシング契約することが出来ます。
ただし、法律では定められていませんが、自分が通っている学校の校則で罰せられる可能性もあるので、注意しましょう。
また、年齢は満たしていても、高校生であることが原因で収入があっても審査してくれない消費者金融があるかもしれません。

一定の収入がある

高校生・大学生の20歳以上の場合、本業が学業となりますので、アルバイトによる安定した収入があるかがポイントになります。
学校生活もあるので、収入はどうしても少なくなるので、総量規制によりキャッシングできる金額は少なくなってしまいます。
もちろん、親からの仕送りやギャンブルで毎月勝っていても、それは安定した収入として判断してもらえません。

学生がキャッシングする理由

学生は収入や自由に使えるお金が少ない人が多いと思います。
それでもお金はどうしても必要となる時がきます。
特に大学生のうち、キャッシングが必要になるケース、キャッシングする理由の一部を紹介します。

合コン・歓迎会の飲み会費用

高校生の生活とはうって変わり、大学生になるとお酒を飲む機会が増える人は多いと思います。特にサークルなどに入れば、合コンだったり、新しいメンバーの歓迎会など顔を出せなければいけないはずです。
中にはサークルを掛け持ちしたりすると、毎日飲み会であっという間に仕送りもバイト代も無くなってしまいます。それでも参加しなければいけないときはしょうがいないですね。

家具・生活用品の購入

今までは親と同居していたが、春から東京など都会で一人暮らしをする人も多いと思います。最低限の家具や生活用品は揃えて問題ないと思っていても、暮らしているとあれもほしい、これも必要といろんな物が必要になってきます。
また、都会は優れた商品やブランド物など誘惑も多いので、どうしても浪費してしまいやすい環境であると言えます。

ネットワークビジネス

社会人だけでなく、悪質なネットワークビジネスにハマる学生も少なくありません。ねずみ講・マルチ商法・MLMなどとも言ったりします。
世界的に有名な化粧品やサプリメントを30万〜50万円分を自分の顧客が購入されると、毎回自分に収入が入る。そのためには、自分が30万〜50万円の商品を購入し代理店にならなければいけなかったりします。
友達を無くするので、仕組み・法律をしっかりと理解しましょう。

ギャンブルにはまる

大学生になってパチンコ・スロットを覚え、勉強そっちのけでギャンブルにハマってしまう人はたくさんいます。
特にビギナーズラックで初めて打ったら勝ってしまうと、のめり込んでしまったりします。
また、勝てなくなると、やっきになって無我夢中でお金を投資してしまい、あっという間にお財布が空になってしまったことを経験したことがある学生も多いと思います。
しかもパチンコ屋さんの近くに丁度良くATMがあったりするのです。

キャバクラ・風俗

20歳になるとお酒を覚えて先輩に連れられてキャバクラや風俗など夜の街に行く経験をしたことはありませんか?
先輩がおごってくれるならまだしも、学生だと自分で自分の分は払うことも多いと思います。初めての経験でハマってしまうと、お金がいくらあっても追いつきません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
学生には甘い罠が多く、収入も限られています。
キャッシングしていることによって、就職に影響することはまずありませんし、バレることもまずないと思います。
本業の学業や就職活動に影響がでないように計画的に浪費・借り入れするようにしましょう。